超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

『アメリカ旅日記④ これだけ充実してても見学無料!』の巻

4日目、ワシントンで迎える初めての朝。
ニューヨークの時と違い、今度は朝食付きのホテルなので、
身支度を整えて、まずは指定の場所に向かいます。

ホテルの朝食と言うと、どうしてもハードルを上げて
しまう所があるのですが、正直言うと、味は期待した程
ではありませんでした。ただね、それでも何が嬉しいかと
言えば、実はこっちに来てから、食事の8割強くらいが
ファーストフードなんです。違うものが食べられるだけ
でも、とりあえずは満足。

僕の探し方が悪いのもあるでしょうが、それにしたって、
ちょっと軽く食事をしようと思うと、何故こうも
ファーストフード店ばかりなのか。
日本に帰ったら、しばらくはファーストフード店には
行きそうもありません(笑)

さて、食事を済ませたら、さっそく観光開始!まずは、
昨日のトラブルで出来ずじまいだったホテル周辺の散策から。
ニューヨークとはまた違った雰囲気があって、やはり
どこかクラシックな雰囲気があります。

ちなみに泊まったホテルの名前はキャピタル・ヒルホテル。
地名をそのまま取ってるだけですが、
直訳すれば「国会議事堂(のある)丘」、そう、まさしく
政治の街ワシントンDCの中心と言える街なんです。

f0180627_10353766.jpg


国会議事堂、そしてそのすぐ近くにある最高裁判所や
議会図書館などを間近に眺めながら、ついに今回の旅行の
そもそもの目的であるスミソニアン博物館、その中でも
国立航空宇宙博物館へと向かいます!
その名の通り、航空技術と宇宙開発技術の博物館で、
その分野での充実度はおそらく世界一。

少々離れた場所に別館もあるのですが(そちらにまで
行ってる時間は、さすがにありませんが)、本館、別館
合わせて、毎年800万人もの人が来るらしいです。

さすがはアメリカ、何でも規模が違いますね。博物館と
言っても、お堅い感じの印象は全くなく、テーマパークの
ような楽しげな雰囲気であふれています。
それでいて、展示内容も本格的、この分野に興味が
ある人にとっては、まさにパラダイスとすら言える空間
です。ちなみにかつて大阪万博の際に大行列が出来たと
言う月の石も展示されているのですが,
(もちろん、大阪万博のものとは別物)、ここでは、
なんと直接触れる事ができます。

ちなみに個人的に一番楽しみにしていたのは、月の石を
含めたアポロ関連の展示なのですが、その分野の主だった
展示だけでも、例えばアポロ宇宙飛行士が訓練の為に
用いた月着陸船のモデルや、同じくモジュールハッチ、
そして何と言っても、人類初の月面着陸を成し遂げた
アポロ11号の司令船の実物!等々、本当に様々なものが
あります。

f0180627_10361039.jpg


解説文が英語しかないのは残念ですが、それでも
会館時間の午前10時から見始めて、一通り見終えた頃には、
午後5時半を回っていました。
僕は博物館を見る時は、解説文も出来る限りしっかり
読みたい人間なので、もし日本語の解説文もあったら、
もしくは英語をスラスラ読みこなせるだけの実力があったら、
丸2日掛けても見回りきれなかったかもしれません(笑)

それぐらい充実した展示内容です。ちなみに普段は5時で
閉館ですが、この日は7時まで延長しているようでした
(夏季は延長があるとは聞いていましたが、この時期に
延長があるとは初耳)、ラッキーですね。

それにしても、これ程の展示内容にも関わらず、見学は
完全無料(プラネタリウムとシアターだけは有料ですが)
だと言うのだから凄いです。

博物館を後にした後は、再び周辺を散策しながら、
ホテルの方へと戻っていきました。
国会議事堂や最高裁判所のある辺りから、各種博物館の
あるスペース、さらにもっと西の、ホワイトハウスや
リンカーン記念館がある辺りまで、ずっと緑の多い公園の
ようなスペースになっているのですが、なんとそこでは、
リスを普通に見かける事が出来ました。

f0180627_10363464.jpg


これがまた何とも愛らしい。最高裁判所の向かいに
普通の民家が建っているのもなんか面白かったですし、
探せば探すほどいろんな魅力がある街かもしれません。

そんなこんなで、この日はちょっと早いですが、夜の
7時半ごろには部屋に戻ってきて、ゆっくりしていました。

明日はいよいよ、観光最終日なのであります!
(帰国は2日後だけど)


(文章自体は旅行先で当日に書いていますので、
文中の時系列は、その時のものになっております。)

[PR]
by missiontomars | 2013-06-03 10:24 | その他の話題