超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

『矢部浩之のドリチンクラブ』の巻

 このブログに、頻繁に訪れてくれている方が何人ぐらいいるのか、
定かではないのですが、その中のある程度の割合の人は、かつて、
ナインティナインのファンサイトを通じて、出会った人だと思います。
 
 少なくとも、コメントを残してくれる方は、殆どがそうですね。
いつも、ありがとうございます。
 
 さて今回の記事は、そんなナイナイファン、と言うか、ナインティナイン
のオールナイトニッポンリスナーの方のみに向けて書かせていただき
ます。

 実を言うと、この一つ下の記事は、4月1日放送のナイナイANNを聴き
ながら、書いていました。

 放送終了と、ほぼ同時ぐらいに書き終わりそうなペースだったので、
ちょうど良いなと思っていました。

 ところが、その時ラジオから聞こえてきた、『矢部浩之のドリチンクラブ』の
内容が、僕にとっては極めて印象的で、なんと言うか、ここに何も書き留め
ずには、いられない気分となり、ペンを走らせております。


 なお、以下につきましては、極めて個人的な事情により、今回は、あえて
ナイナイANNリスナーにしか、全く内容が把握できない書き方をさせていた
だきました。ご了承願います。






 さて、今回は「リスナーだけに向けて書く。」と、上で宣言した通りなので、
肝心のドリチンクラブについての内容説明は、その一切を割愛させていた
だきます。

 その内容の何が印象的だったかって、その葉書主の置かれている
状況や心境などが、僕とそっくりだったからです。

 ちなみに、年齢については、全く同じです。(と言っても僕は、あと
2週間で誕生日を迎えて、28になってしまいますが・・・)

 ただ、彼は25の時に、一度だけだが、○○された経験があるとの事でし
たが、僕はそれすらも一度も無いので、「彼以下だろ。」と言われれば、
まあ、それまでですけども。
 ちなみに、僕も、やはり同じく25の時に、一度だけ○○した事ならあります
けどね。(されたのではなくてね。)

 葉書主の彼が、「○○された相手から断られる。」と言う、ある意味奇跡の
体験を通じて、「やっぱり、この年で△△だと引かれてしまうんやな~。」と、
痛感し、それがトラウマになってしまって、云々かんぬんと言った感じの悩み・・・。

 物凄~~~~く、良く分る。僕も正直それがめ~っちゃくちゃ怖い。
何せ、○○してきた相手ですら、ドン引きしたと言うのだからね。
 
 岡村さんが、「そんなの隠したらええやないか。」みたいな事を言っていました
が、そう言う事をうまく隠しながら、器用に振舞うとか言うのは、性格的に絶対
無理な訳ですよ。

 葉書主の彼も間違いなくそうなんだと思う。それは、葉書の文章からだけ
でも、充分に伝わってきました。

 かと言って、正直に言えば、駄目になるし。。。みたいなね。

 と言うか、この辺の(△△を隠せない)心理は、岡村さんは、理解できそうな
気がしてたんだけどな~、、、、、ちょっとだけガッカリだったりして。



 
[PR]
by missiontomars | 2010-04-02 03:58 | その他の話題