超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『野球と敬遠』の巻

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130724-00000254-sph-base



数歩歩み寄って「勝負しろよ!」は、正直あんまり
褒められた態度ではないだろうね・・。

まあ、そうは言っても、興奮状態だったろうし、
この為に3年間頑張ってきた事を思えば、気持ちは
分かるけど。

 一つだけはっきり言えるのは、敬遠は立派な作戦で
あり、恥じるべきものでもないんでもないと言う事。

 まして、この場面は明らかに敬遠がセオリーの
ケースだろうし。

 野球は確率のスポーツ。

敬遠した方が勝てる確率が高いのに、それを無視して
真っ向勝負するって方が、寧ろ野球と言うスポーツを
つまらなくすると僕は思う。

松井の全打席敬遠は、当時かなり批判されたらしい
けど、あれだって立派な作戦であって、批判される
いわれなど全くないでしょう。

 まあ、敬遠にも2種類ある、試合に勝つ為の作戦
としての敬遠と、個人記録を守るための敬遠。

 この2つは明確に区別されるべきであって、
後者については、批判されるべきものだと思う。

でも、高校野球には後者のケースはないからね。

 松井の全打席敬遠を批判したマスコミが、
その一方で、王貞治が、自らの記録を守る為の
敬遠を、監督と言う立場にありながら、黙認した
事については批判せず、触れる事すらしない。。

 そんなマスコミに姿勢は、ホントに嫌になる。

話がずれた。とりあえず今回のケースは打った
バッターを褒めるべき、ただそれだけ。
投手側は当然の作戦を取ったまでで、叫んだ
選手は落ち着いてから、ちょっとだけ反省して
欲しいな。。と

ホント、ただそれだけの事だ。
美談でもないし、別に醜態でもない。
[PR]
by missiontomars | 2013-07-26 06:38 | 野球の話題
ガリレオ劇場版「真夏の方程式」を鑑賞してきました。
なかなか面白かったです。ドラマの方は、あまりにも
トホホな質の脚本続きでしたが、今作は容疑者Xの献身
同様、東野圭吾原作の映画化だけあって、ドラマ版とは
一線を画していますね。

 払ったお金分の価値は十分にあると思います。ただ、
「ここはどうなの?」と思う部分もない訳ではないです。




以下、大いにネタバレ含みます。
未見の方は、お読みにならない事をお勧めします。
読みたい方だけ、続きを読むをクリックしてください。

続きを読む。
[PR]
by missiontomars | 2013-07-08 07:28 | 感想・レビュー関連
※文章の時系列は、旅行当日のまま直していません。

旅日記もついに最終日の6日目!これまで読んで下さった方、
ありがとうございます。
 さて、5日目の日記でも触れた通り、6日目は帰国のみ。
朝6時55分発という言う早朝のフライトに備え、4時前には
ホテルをチェックアウトして、予め手配しておいた送迎車で
ダレス空港へと向かいました。
 送迎車はなかなかの高級車でしたね。まあ、タクシーで行く
場合の倍程度は払っているはずなんでね~。
 何事もなく無事空港へと到着、搭乗手続きも滞りなく終了して、
経由地であるサンフランシスコへと、まず飛び立ちました。

 さて、初日の日記でも書かせて頂いた通り、
このサンフランスコでの乗り換え時間が1時間しかない事が、
不安材料だったのですが、その後調べてみた所、帰りは荷物の
受け取りも税関審査もなく、ゲートを変えるだけなので特に
問題はないようでした。
 そんな訳で特に心配はしていなかったのですが、初日の
トラブルの件もあるので、念のため一目散にゲートに向かう事に
しました。
 乗り換えゲートは現地に到着しないと分からないシステム
なので、到着後、まずは一番近くにいた職員に、
、乗り換えゲートの番号を聞いて(近くのパネルを見れば
済む話なのですが、スピード重視)そそくさと移動しました。

 結果的には、十分過ぎるほどに時間の余裕がありました。
ゲート到着後、付近にトイレが見当たらなかったので、
ゲートの職員に聞こうと思って、「Excuse me」と声を
掛けると「はい、何でしょう?」と日本語での返答。

 日本に向かう便のゲートですから、日本人が担当していた
ようです。(もちろん、全員ではないですが)
 日本人に英語で話しかけてしまう、これ、ちょっと
恥ずかしい(笑)ちなみに安心すると言うよりは、拍子抜け
する感覚の方が大きかったですね。
 ここまで来ると、客も半分以上が日本人なので、周りに
日本語が飛び交っています。
 思ったんですが、海外で日本語が通じたら、
それは便利でしょうけど、生活するならともかく、
1週間程度の旅行であれば、片言の英語でなんとか会話する
事も楽しみの一つですね。
 ハワイは普通に日本語が通じると良く聞きますが、
便利は便利でしょうけど、海外旅行としての楽しさは
半減してしまう気がします。

 さて帰国後は、まず残った米ドルを日本円に両替したの
ですが・・。
 ええっ?硬貨の両替って出来ないの~??国内では
ほぼ無理らしい。。恥ずかしながら知りませんでした・・。
 アメリカの硬貨って金額が書かれてないし、
セントとドルで単位が違って面倒だから、あまり使わずに
いて、おつりで受け取る一方だったんですよね。

 数えてみたら、521セント=5.21ドル≒500円分程度だった
ので、まあ良かったですが。

 その後はまっすぐ帰宅しましたが、スーパーで考えた夕食
のメニューはごはん(納豆)&味噌汁&お刺身!

やっぱり、日本人でございます(笑)

以上、6日間に渡ってのアメリカ旅日記でした!
いや~ホントに楽しかった。
アメリカって世界一憧れられている国であると同時に
世界一嫌われている国でもあるんだろうけど、
少なくとも旅行を楽しむ分には、憧れられている方の
側面を堪能することが出来ます。

それにしても、明日は火曜なので、普通に休みなので
すが(月火休みの仕事なので)あさってから、普通に
仕事するテンションになれませんわ、これw
[PR]
by missiontomars | 2013-07-01 14:05 | その他の話題