超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

総選挙速報結果雑記

第5回AKB選抜総選挙の速報が発表されて、数日程が経過しましたが、
(速報とは言え)なかなかの波乱の結果ですね。
そんな訳で、気になったところを、挙げていきたいと思います。

まずは、なんと言っても、さしこ1位!それも2位まゆゆにWスコアでの
ぶっちぎり勝利!指原推しとしては、これは素直に嬉しいです。

まあ、指原さんは、AKBグループの中で、もはや順位を超越した存在に
なっていると思うし、(これは僕の中で、たかみなさんとさしこだけ)
仮に順位が落ちたところで、ネタに出来てしまう美味しいポジションでも
あるので、実はそれ程、順位は気にしてなかったんですが。。

ここまで来たら、意地でも1位を取らせてあげたくなってきました。
彼女が1位で壇上に上がって、どんなスピーチをするのか気になるし、
何より、センター指原莉乃を見たくなってきた!
今回は3票を指原さんに入れる予定だったけど、1票上乗せしようと
思います。

次に目立つのは、SKE勢の大躍進。 この1年で、あれだけのメンバー
が卒業(もしくは卒業発表)したのに、それを補って余りあるだけの
この勢いは凄すぎる。AKBより一足先に世代交代が順調に進んで
いると言う事かもしれません。

玲奈さん6位は、予想通りだけど、 珠理奈4位は正直驚き。。
あかりん11位は、地道な神対応の成果で快挙だと思うし、ゆりあの
選抜圏内進出も個人的には嬉しいです。

柴田阿弥に至っては、勉強不足で申し訳ないのですが、「誰???」
ってのが正直なところ。
でも、調べてみると結構応援したくなる娘だわ。
知名度を考えれば、この順位は所謂石油王票が入っている事は間違い
ないだろうけど、一方で一人の石油王でなんとかなる得票数でもないと
思うので、地道な活動が、それなりの幅広い支持を得ていると言う事
なんでしょうね。
8位維持はさすがに無理だとしても、頑張ってほしいと思う。

SKE勢は他にも沢山いるけど、個人的に一番嬉しいのは、昨年
初めて圏内に入った中西優香の躍進。このまま頑張ってほしい!
頑張れ地方組!!

一方でNMBに、イマイチ勢いが感じられない・・。
みるきー、さや姉以外は明らかに伸び悩みな感じですし・・・。
ななたんですら、下位に甘んじているし、まーちゅんに至っては
圏外・・・。

NMBは、環境的に不利な部分が大きい感じがして、気の毒なん
だよなあ。。吉本、もっとうまく売り出してやれよ。。

ななたんなんて、もっと上位に進出できる器だし、それ以外にも
もっと新たなスターを発掘していかないと(と言うか売り出して
行かないと)今は良くても、将来的には絶対マズイと思うけど。。


 そんな中、我が箱推しHKTは、さしこ、はるっぴ、らぶさん、
みおたす、もりぽ、める、さくらたん、さらには岡本までがランクイン
して、8名が圏内入り。それなりに勢いを示せたのではないでしょうか。

個人的には、キャップがランクインしていないのが、極めて残念
ではあるのですが・・
まあ、まだ速報ですし、なつやあおいたんもランクインして、
10名以上当選となる事をHKT箱推しとしては、切に願います。

さて、肝心の本店AKBですが、初期メンの苦戦が目立ちますね。
麻里子さま15位、たかみな18位、こじはる20位。。

まあ、ここから上げてくる事は間違いないでしょうが、速報とは言え
この順位での出発となると、昨年よりもランクダウンするのは間違い
なさそうな気がします。

総監督は7位以内死守して欲しいけど、ちょっと厳しいかな。。

川栄は、あれだけ推されて33位となると、これ以上の伸びは厳しい
かな?

あとは、卒業メンバー・・全員圏外とは予想外だなあ。
卒業メンに関しては、速報で名前がないとなると正直厳しいと
思うなあ。。

僕はシンディとなっちゃんはランクインすると思っていたので、
これは結果論的考察になってしまいますが、、Cindyに関しては、
AKBを卒業した頃は、AKBまだ今ほどの勢いはなかった訳だし、
当時のファンが戻ってきても、その絶対数的に限界があったのかな
事もあるのですが、なっちゃんに関してはなあ。。。

当時のファンの一定割合が投票すれば、確実にランクインできた
はずなのに。。。やっぱり多くのファンは離れてしまったと言う事
なのか??なんか切ないなあ。。

ところで、今回は総選挙開票イベントは地上波のテレビ中継入る
んでしょうか?ネット中継はどっちにしても仕事で見れないので、
録画出来る地上波放送があった方が嬉しいけど、去年のフジみたい
な放送されると、それはそれで腹が立つだけだし。。

ちなみに、今年の開票の時間帯はめちゃイケの放送時間帯と被る
んですよね。ひょっとして・・?と言う気がしないでもありません。

1位 指原 莉乃 28,516票
2位 渡辺 麻友 14,868票
3位 大島 優子 13,993票
4位 松井 珠理奈 13,639票
5位 柏木 由紀 12,875票
6位 松井 玲奈 12,163票
7位 島崎 遥香 11,817票
8位 柴田 阿弥 11,513票
9位 横山 由依 10,596票
10位 渡辺 美優紀 9,123票
11位 須田 亜香里 8,750票
12位 宮澤 佐江 8,560票
13位 山本 彩 8,061票
14位 板野 友美 7,406票
15位 篠田 麻里子 7,123票
16位 木﨑 ゆりあ 6,888票


17位 松村 香織 6,603票
18位 高橋 みなみ 6,596票
19位 小林 亜実 6,533票
20位 小嶋 陽菜 6,495票
21位 梅本 まどか 6,051票
22位 梅田 彩佳 6,023票
23位 薮下 柊 5,530票
24位 兒玉 遥 5,091票
25位 斉藤 真木子 5,050票
26位 峯岸 みなみ 4,866票
27位 入山 杏奈 4,863票
28位 高柳 明音 4,822票
29位 大矢 真那 4,699票
30位 中西 優香 4,650票
31位 上西 恵 4,632票
32位 松本 梨奈 4,490票


33位 川栄 李奈 4,455票
34位 古川 愛李 4,382票
35位 武藤 十夢 4,187票
36位 片山 陽加 4,117票
37位 高城 亜樹 4,110票
38位 北原 里英 3,502票
39位 矢方 美紀 3,274票
40位 磯原 杏華 3,271票
41位 多田 愛佳 3,254票
42位 田島 芽瑠 3,077票
43位 木下 有希子 3,069票
44位 市川 美織 2,947票
45位 大場 美奈 2,866票
46位 山下 ゆかり 2,862票
47位 山田 菜々 2,854票
48位 金子 栞 2,819票


49位 森保 まどか 2,809票
50位 前田 亜美 2,760票
51位 朝長 美桜 2,738票
52位 藤江 れいな 2,708票
53位 菊地 あやか 2,703票
54位 倉持 明日香 2,698票
55位 岩立 沙穂 2,685票
56位 石田 晴香 2,661票
57位 岡本 尚子 2,660票
58位 阿部 マリア 2,594票
59位 矢倉 楓子 2,529票
60位 鈴木 紫帆里 2,492票
61位 宮脇 咲良 2,481票
62位 岩佐 美咲 2,406票
63位 田野 優花 2,393票
64位 木本 花音 2,274票
[PR]
by missiontomars | 2013-05-28 09:15 | AKB関連
(前回の旅日記にも写真を追加しました。)
さあ、3日目。この日は、ほぼワシントンへの移動のみです。
当たり前ですが、アメリカへ旅立つ際の搭乗手続きは日本国内で
しているので、国外で一から搭乗手続きをするのは、この日が
初めて。
大丈夫だろうとは思いつつも、やはり片言も良い所の英語レベルを
考えれば、不安が残ります。そんな訳で時間に、もの凄く余裕を
持って、空港に向かう事にしました。

ホテルの近くにあるセントラルパークをブラブラと見回った後、
タクシーを拾って、さっそくラガーディア空港へと向かいます。
f0180627_7114373.jpg

出発時間の6時間も前に空港に到着です。
結局、搭乗手続きは拍子抜けするほど順調に終わったので、
待ち時間の長い事、長い事。まあ、予定通りではあるんですが、
やはり退屈です。

とりあえず、食事を済ませて、ワシントンでの計画をつめ直して・・
と色々やって、それでも時間があったので、ターミナル内の売店
巡りへ。すると、なんとスタートレックの雑誌を発見!
もちろん、中身は全て英語ですが、それはそれで貴重!
すぐさま手に取り、迷う事なく購入しました。そんなこんなを
している内に、やっとこさフライト時間。無事、ワシントンへと
飛び立ちました。

f0180627_7121777.jpg


さて、ワシントン・ダレス空港からは、ホテルでも自宅でも
指定の場所まで送ってくれるシャトルバスが出ています。
タクシーで行くと、結構高くつきそうなので、その手続きを
するのですが、これまた拍子抜けする程順調に終了。

これで、この日は全てを順調に終える事が出来たはずでした。
しかし、事件はこの後起こったのです。

シャトルバスは何人かの客が一緒に乗り合わせます。今回は
、たまたま自分が最後に降りたのですが、いざ目的地について、
トランクを開けてみると、そこには自分の荷物がなく、
代わりに他人の荷物が残っていたのです。

明らかな取り違え。よりによって、海外で・・。
ともかく、これが自分の荷物でない事だけは伝えたのですが、
それ以上は自分の片言英語では、さすがにどうにもならず。
まあ、なんとなくは彼が言ってる事も理解できるのですが、
どう考えても解決の目途はたっていないいない感じです。

しかし、まあいっか~で終えられる話ではないし、ここは
正確な会話が求められるところだし、、必死に頭を絞って、
一つ妙案が思い浮かびました。

今回、海外旅行に行くに当たり、海外旅行保険にも加入して
いるのですが、そこに電話して、通訳をお願いする事に
したのです。

もちろん、そんな事は保険屋さんの業務外ですから、
直接的に通訳をお願いしても、断れるのがオチでしょう。
ですから、まずは事情を話した後、このままカバンが戻って
こなかったら、保険は降りるのかを聞く体で電話して、
そのままの流れで通訳をお願いする事にしました。

はい、セコい事は分かってます。でも緊急事態だったんです。
許して下さい。

さて、作戦は見事成功し、保険屋さんを通訳にたてる事が
出来ました。それは良かったのですが、なんと運転手は、
「ホテルにチェックインして、自分で事務所に電話して
くれ。」などと言いだしている事が判明。

なんだそれ!日本では到底考えない無責任な対応。
当然、受け入れる訳にはいかないので、
「私を含めて3組しか客がいなかったんだから、順番に
戻って、カバン取り戻して、ここまで持ってきてくれ!」と
伝えて欲しいと、また保険屋さんにお願い。

しかし、明らかな業務外の仕事に、次第に難色を示し始める
保険屋さん。そうこうしている内に、運転手の携帯が鳴り、
なにやら話していたかと思うと、何も言わずに勝手に車を
発進させました。

荷物を間違えた客からの連絡があったのだろうと察しは
つきましたが、不安だったので、何故車を発進させたのかと
聞いてみると(一応ここは自分で)、
何やら「とにかく一緒に来い。」と言った感じの雑な回答。
全く、どうなってんだか・・。

しょうがないので、とりあえず保険屋さんとの電話は一旦
切って、言われるがまま車に乗っていると、やはり、
2組目の客が降りたホテル前へ。無事荷物が戻ってきました。

それは良かったのですが、明日に備えてホテル付近を
ブラブラしておこうと言う計画が時間的に台無しに。

それにしても、信じられないのは、運転手からは謝罪が
一切なく、悪い事をしたなどとは微塵も思っていない
様子である事。

荷物を取り戻して、再び私のホテルに戻る最中、
「お~、あそこが中華街だぜ。」「君は中国は好きかい?」
「俺は北海道と東京に言った事があるぞ。」などと、
何事もなかったかのように明るいテンションで話しかけて
くる始末です。

しょうがないから、こっちも明るい感じで返事しては
おきましたが。しかし、話はこれだけではおりません。

最後になって、なんと追加料金10ドルを要求してきたのです
。これには、開いた口が塞がりません。

これにはさすがに「何故だ?私は何もミスはしていない。」
と言ったものの、荷物を取りに往復しただろなどと抜かす
ので(んな事は分かっとるわい!)

もう言い争うのも面倒くさくなって、払ってしまいました。
もし国内だったら、意地でも払わない所ですが・・。

それにしても、アメリカって国はこれが普通の対応なので
しょうか?日本だったら、追加料金なんて、取られることは
まず絶対ありえないし、それどころか、場合によっては一部
返金要求だって可能なレベルだろうに。

そんなこんなで、ちょっと信じられない事があった3日目
でした。
[PR]
by missiontomars | 2013-05-28 07:12 | その他の話題
と言う訳で、速報前の最終予想です。
アピール動画の再生回数で多少の修正は掛けましたが、
殆どデータは取っておらず、僕の独断と偏見、直感に
よるものが大半です。
明らかな抜け等あれば、ご指摘ください。

1位 大島優子
2位 渡辺麻友
3位 指原莉乃
4位 篠田麻里子
5位 柏木由紀
6位 宮澤佐江
7位 板野友美
8位 松井玲奈
9位 渡辺美優紀
10位 高橋みなみ
11位 小嶋陽菜
12位 横山由依
13位 松井珠理奈
14位 島崎遥香
15位 高城亜樹
16位 山本彩
17位 梅田彩佳
18位 峯岸みなみ
19位 北原里英
20位 倉持明日香
21位 高柳明音
22位 木崎ゆりあ
23位 川栄李奈
24位 山田菜々
25位 須田亜香里
26位 佐藤亜美菜
27位 大矢真那
28位 古川愛李
29位 浦野一美
30位 岩佐美咲 
31位 小笠原茉由
32位 平嶋夏海
33位 宮脇咲良
34位 木本花音
35位 松村香織
36位 兒玉遥
37位 菊池あやか
38位 大場美奈
39位 武藤十夢
40位 田野優花
41位 朝長美桜
42位 石田晴香
43位 山内鈴蘭
43位 中田ちさと
44位 長尾まりや
45位 伊豆田莉奈
46位 藤江れいな
47位 古畑奈和
48位 市川美織
49位 片山陽加
50位 松井咲子
51位 小笠原茉由
52位 入山杏奈
53位 多田愛佳
54位 中西優香
55位 島田晴香
56位 穴井千尋
57位 矢方美紀
58位 大堀恵
59位 大家志津香
60位 岩田華怜
61位 大島涼花
62位 森保まどか
63位 小谷里歩
64位 鈴木まりや
[PR]
by missiontomars | 2013-05-21 06:13 | AKB関連
2日目の旅日記です。前回書いた通り、初日は移動のみで
終わったので、実質2日目からが、観光のスタート!

最初の目的地は、やはりニューヨークの象徴たる自由の女神です!
ホテルを出て、最寄りの地下鉄の駅へと向かいます。
昨日、ニューヨークに着いた時は、既に夜中、それも空港から
シャトルバスで直接ホテルまで向かったので、ゆっくりと景色を
見るのは、これが初めてです。

如何にも、アメリカらしい街並みで、ホントにアメリカに来たん
だなと実感しました。アメリカの地下鉄も初体験、システムも
大分日本とは違うので、そんなちょっとした所も刺激的だったり
します。

f0180627_7142972.jpg


そう言えば、誰だか忘れたけど、とあるおバカタレントが、
海外の電車かなんかに乗った感想を問われて、
「外人がいっぱいだった。」と答えたなんてエピソードがあった
はずですが、まあ気持ちは分かります(笑)
もう少しマトモな答えに変換するとすれば、アメリカって国が
本当に人種のるつぼなんだなと実感しました。
椅子1区画分(10人分程度)に、白人、黒人、ヒスパニック、
はたまた日本人かな?と感じる様な人まで、大抵一人ずつは
座っています。

さて、目的の駅に到着して、自由の女神に向かいます。
像は海岸から結構離れたところにあって、近くで見るには、
フェリーに乗らなければならないのですが、時間がかかるよう
なので、今回はパスしました。

f0180627_713591.jpg


一応、遠くからでも撮った写真が上のもの。ちなみに、
自由の女神を眺めている時、となりから日本語の大きな声が
聞こえたので、そちらを見ると、なんと森三中の大島でした。
よくよく見ると、カメラマンやスタッフらしき人もいます
(えらく小規模でしたが)。タイミングを見て、
スタッフさんに「日本のテレビ局の方ですか?」と聞いたら、
やはりそうで、日本テレビとの事。

残念ながら、放送日は未定のようですが。そんな偶然も
ありつつ、次はそのまま、その足でニューヨーク証券取引所と
フェラデルホールをにも向かいました。

ちなみに、この日のメインイベントはヤンキース戦の観戦なの
ですが、まだまだ時間があったので、自由の女神の最寄駅から、
乗り換えなしで行けるグラウンド・ゼロ付近へも、
急きょ行ってみました。現場は今はメモリアルパークになって
いて、ビルのあった場所は大きな噴水のようになっています。

そうそう、証券取引所を見終えて、駅に戻る時、自由の女神の
仮想をして、行きかう人と記念撮影をしている人がいたんですよ。
ちょっと眺めていると、「君も撮ろうよ!」と言う感じで、
手招きされたので、そう言う事なら・・と思って、
撮ってもらったのですが、終わったら代金要求されました。
「はあ?そんなん聞いてないがな。」と思いつつ、
まあチップ社会だからなと思って、5ドル程渡したのですが、
そしたら、違う違うと言って20ドルを要求してくる始末。

この頃には、既に片言英語で何とかコミュニケーションを
取るのが楽しくなり始めていたので、文句の一つも言って
やろうかと思ったのですが、そのパワーはイマイチ出てこず、
要求通り20ドル払ってやって、その場を後にしました。

そう言えば、僕の前に写真を撮っていた写真の女の子は、
お金払ってなかったと思うけどな・・・。

まさかグルなのか?分からんけど。
まあ、こんな事もいい経験かもしれません。

はてさて、そんなこんながありつつも、最後は前半戦の
メインイベント、野球観戦でございます!

イチローがスタメンである事を朝から祈っていましたが、
見事に1番センターで先発出場、歓喜です。

いや~、それにしても、アメリカの球場の見晴しの良い事、
良い事。それはもう、感動的なほどに見晴しが良かったです。

しかも座席のすぐ上の通路部分は移動が全て自由なので、
例えば、好きな選手がバッターボックスに立てば、
その付近にまで移動して、観戦することも出来ます。

球場全体が醸し出している雰囲気も楽しげで、まさしく
ボールパーク。なんでもかんでもアメリカの方が優れて
いるかのように言うのは、好きではないですが、
球場の作りの良さだけは、認めざるをえないですね。

試合はヤンキースが1点差で辛くも勝利。最後はリベラが
締めました。

f0180627_7145846.jpg


我らがイチローは、いきなりの3ベースヒットと、
「これがヒットになるとは!」と言う、如何にもな
内野安打の2安打、持ち味を存分に発揮してくれました。
最後の打席は勝負を避けられ、敬遠。

ちなみに僕の座席はライト側の一階席、前から3列目と
いうかなりの好位置でした。後半は守備固めでライトに
移ってきたイチローを、結構な至近距離で観る事が
出来ましたし、(オペラグラスで見ると、表情まで
はっきり分かるほど!)ホント大満足です。

そんなこんなで、ホントに楽しい2日目でした。
[PR]
by missiontomars | 2013-05-21 06:11 | その他の話題
今年のGW、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?
僕は30を越えて、人生初の海外旅行に行っていました。

海外旅行自体が人生初の中、英語もマトモしゃべれないくせに、
30日から6日(日本時間)までのアメリカ一人旅です。
と言う訳で、これから一日ごとに分けて、順次旅日記をアップして
行こうと思います。

今日はまず4月30日(初日)の旅日記。
まあ、そうは 言っても初日はひたすら移動のみ。日本時間の
午後5時頃に 日本を経ち、サンフランスコで乗り換え、
ニューヨークに現地時間の午後8時頃(日本時間で言うと、
翌日31日の午前11時)に到着する予定でした。

何事も無ければ・・。

そう、何事もあったのです。サンフランシスコへの到着予定
時間は10時20分、ニューヨークへの出発時間は11時45分、
その間僅かに1時間25分しかありません。入国審査もあるのに、
あまりにタイトです。

よくよく考えてみれば、気づきそうなものですが、海外旅行
初体験の僕は、この点を見落としていました。しかも、
あろう事か飛行機は20分ほど遅れてサンフランスコに到着、
乗り換え時間はたったの1時間です。

ここで僕は初めて気づきました、「ヤバイんじゃないのか?
」と。さあ、そこからは気持ちが焦ります。入国審査や
搭乗手続きの列についている日本人を見つけては事情を
説明して、先を行かせて頂き、
それでもマズイと感じ 始めたので、拙い英語で外人さんにも
声をかけて、 ガンガン割り込みさせてもらいました。

その後はダッシュ、ダッシュひたすらダッシュ、なんとか
出発時間の10分前に指定ゲートに到着することが出来ました。
ほっと一息・・。

かと思いきや、ここでもまたトラブル。指定ゲートに人が
誰もいないのです。明かりも消えています。
いよいよ本格的に焦りだす自分。何せ、時間はあと10分
しかありません。近くにインフォメーションみたいな所が
あったので、ともかく必死で状況を説明します。
すると、信じられない答えが返ってきたのです。

正直、大部分は聞き取れなかったのですが、一つの単語だけは
はっきり聞き取れました。「gone」。

「え?gone?goneだと!?」それって、もう飛び立ったって事
だよね?」
「いやいや、ちょっと待て!ギリギリとは言え、まだ時間前
やんけ、なんでもう飛び立ってんの?おかしいやろ!どうして
くれんのよ?」

と言いたい所なのですが、悲しいかな自分の英語力の限界を
超えています。ふと、隣を見ると、日本人らしき人が。
声を掛けてみると、自分と全く同じ状況でした。
「どうしましょうか?」などと話していると、
先ほどのスタッフが、次のニューヨーク行のチケットを
発行してくれて、事なきを得ました。ホントやれやれです。

再発行のチケットは無料でしたが、これはサンフランスコ着の
飛行機が遅れたからなのか、本来乗るはずだった飛行機が
定刻前に出発していたからなのか、その辺は結局分からず
じまい。ちなみに、ここで、もう1点不安になったのが預けて
いた荷物の事。
「ちゃんと新しい便の方に移動してくれているのだろうか?」。
これをこのまま英訳出来る程の力は持ち合わせていないので、
如何にして中学レベルの簡単な英文に変換しようかと必死に
頭を絞ります。

何とか伝えて、返ってきた返答はおぼろげ程度にしか
理解できなかったので、「まあ大丈夫っぽい。」と言う半分
不安な状態でニューヨークへと旅立ちました。

結果的には、荷物も移動してくれていて、深夜12時と遅くは
なりましたが、無事、予約していたホテルにたどり着く事が
出来ました。

まあ、結果的に上記の同じ事態に巻き込まれた日本人の方と
いろいろ話せてので、悪い事ばかりと言う訳ではなかったかも
しれません。

しかし、しかしです、これでもまだ問題はまだ片付いていない
のです。日本に帰る時にも、サンフランシスコで乗り換えるの
ですが、これまた時間がカツカツなのです。

いや、帰りの便は、遅れなくサンフランスシスコに着いたと
しても、乗り換え時間が1時間しかないので、余計に厳しい
かもしれません(まあ、今度は税関はありませんが)。

この場合、万一乗り遅れたら、搭乗券の再発行にはお金が
発生する可能性が濃厚。国際便ですから、結構なお値段の
はずです。

けどさ、「それって、僕が負担せなアカン訳ですかい?」。
いや、だってね、乗る飛行機は、僕が決めた訳ではないん
ですよ。行き先とある程度の日程案を話した上で、
旅行代理店の人に全て取ってもらった訳ですよ。

そりゃ、確かに最後に「これでいいです。」って言ったのは、
僕ですよ、僕ですけども。乗り換え時間がカツカツだなんて
説明、一切なかったぞ~!こっちは海外旅行初めてのど素人、
そっちはプロでしょ~。

それで自己責任だから、自己負担とか言われてもね。
i phoneは、高額料金を避ける為に機内モード(電波を一切
受け取らないモード)にしていたのですが、それをオフに
して、旅行代理店に国際電話をしました。

すると、「水曜は定休日です。」と言う自動音声が・・。
しょうがないから、旅行代理店にて加入した海外旅行保険の
会社の方に電話して、こういう場合、保険は降りるのか問い
合わせると基本的にはおりないとの返答。

一応、本部にはこういう件があったと報告しておくとは
言ってもらいましたが。ともかく、すっきりしないまま初日を
終える事になってしまったのでした。

まあ、それはそれとして、旅行自体は思いっきり楽しもう!
代わりに乗った飛行機で隣の座席に座ったアメリカ人(多分)
のお姉さん、可愛いらしい人やったし、まずは一旦良しと
しようじゃないか!(笑)。

そんな事を思いながら、眠りについた初日でした。
[PR]
by missiontomars | 2013-05-14 10:59