超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 少し前に、アポロ11号のニール・アームストロング船長がお亡くなりに
なりました。

僕にとっては、ここ最近で一番衝撃だった訃報でしたね。
そのアームストロング船長が、生前の本人の希望により、水槽になった
との事。

今は宇宙葬ってのもあって、スタートレックのスコッティを演じたドゥーアン氏
とかが宇宙葬をして話題になったりしたけど、
 アームストロング氏のアイデンティティは、人類初の月面着陸を した偉人
としてより、あくまで海軍としての自分にあったのかな。

 それにしても、この件について書かれた日記やブログを眺めると、未だに
アポロ陰謀論を唱えている人間が結構いるなあ。。。

 念のために言っておくけど、アポロ陰謀論は全くのデタラメ。

一見、もっともらしい『証拠』を示しているけど、
宇宙開発のごくごく初歩レベルの知識や、中学理科レベルの知識で、
その間違いを指摘出来るレベルのものがほとんど。

 まあ、ここらへんは書くとながくなるので、興味のある人は、
『人類の月面着陸はあったんだ論(楽工舎)』あたりを読んでほしい。


 僕は宇宙開発の話とかが好きなので、こう言う陰謀論に対しては、本当に
腹が立つ。
 
 特にメディアに関わる人間が、陰謀論が嘘だと分かっていながらして、
数字や売り上げのためにデタラメをまき散らす事は、 絶対に許せない。

 月面着陸に向けて尽力した、さまざまな先人に対する冒涜だ。

 にしても、アポロ陰謀論を本気で信じてる人って、その分野に関して、
自分がど素人のレベルにすらも達していないって事への自覚がないんだよ
なあ。

 例えば、こんな小さな宇宙船で月面から飛びたてる訳がないって言う主張が
あるんだけど、なんで、勉強もしないまま、『その通りだっ。』ってなっちゃうん
だろう。。

 「無知の知」ってやっぱ、大事だわ。自分も気づかない内に同様の発言をして
るかもしれないからな。自戒として受け止めよう。

 最近は、デビィ夫人のAKBファン批判からも、同様のものを感じたね(笑)

・・話がずれた。

ともかく、ご冥福をお祈りします。
『この一歩は、1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類に
とっては大きな飛躍だ。』は、素晴らしい名言です。


 願わくば、僕が生きてるうちに、人類が火星に降り立つ瞬間を 目撃したい。
[PR]
by missiontomars | 2012-09-10 09:53 | 社会の話題

『あっさん卒業』の巻

続いて、あっさんの卒業公演について書きます。

 まあ、ともかくあっちゃんの笑顔が本当に晴れやかで、素敵だった。
それが一番の印象。

 卒業を発表したあと、解放されたのか、自然な笑顔が増えた気が
するけど、その集大成だった気がする。

 AKBのセンターとして本気で戦ってきたからこそ、真剣だったからこそ、
卒業する決断も出来たんだろうと思う。

 個々のメンバーからのラストメッセージ、あれはグッとくるわぁ。。
「これからも服を下さい。」でさえ(笑)

 まだファンになって1年程度の、それもテレビ画面越しに見ていただけ
の僕でさえ、 発せられる言葉以上のものを、ビシビシと感じた。

 6年半、共に戦ってきた戦友同志ならば、それは比較にもならないほど、
なおさらだったはず。

 キャプテンと言う立場もあって、たかみなが敢えて、控えめな感じだった
けど、 卒業翌日に収録された、あっちゃんゲストに迎えての堂本兄弟では、
号泣していましたね。

あの番組では、キャプテンと言う立場から、 ちょっと解放されるんだろうね。

ともかく、あっちゃん卒業おめでとう。
[PR]
by missiontomars | 2012-09-10 09:46 | AKB関連
(AKBの東京ドーム公演とあっちゃんの最終公演について、書いた記事を
ブログの方にアップするのを忘れてました。と言うわけで、ちょっと遅く
なりましたが、アップします。)

AKBの東京ドームコンサート3daysが終わった。

なんか凄かった。ただ、ただ凄かった。 サプライズも凄かったけど、
それだけが凄いんじゃない。

 これだけ多種多様な感情を刺激されるエンターテイメントって、
そうそうないと思う。

エンターテイメントの全ての要素が詰まっていると言っても過言ではない。

 mixiで交流があるマイミクさんの言葉に 「AKBは、エンターテイメントの
最高峰」ってのが あるんだけど、その一端が理解できた気がする。

1年前の僕だったら、報道を見ても、海外移籍だとかインパクト狙いの
やり方で、その場の話題をさらって、前田敦子の卒業で、感動を
あおってるなくらいにしか、感じなかったかもしれない。

何も知らないってのは、恐ろしい事だわ(笑)

 AKBグループって、すさまじく壮大だ。 単に大所帯ってだけでない。
大所帯である事を見事に活かしきっていると思う。

 AKBが僕らに見せているのは、単にアイドルとしての姿でなく、もはや
彼女たちの人生そのもの。

 そのガチさに偽りがないからこそ、あれだけエキサイティングなものが
出来上がるだと思う。

数年前くらいに、「人生で必要なものは、全て○○から教わった。」なんて
言い方が流行った時期があったけど、AKBを見ていると、この言葉が
大げさでなく当てはまるとすら思えてくる。

 なんか、こう書くとAKBの熱い部分だけを強調してるようだけど、
緩急もすさまじいからな、AKBは(笑)

さ~て、今回あったサプライズについて、個人的な感想をいくつか
書いておきますか。

まず、たかみなのソロデビューについては、ホント心からおめでとうと
言いたい気持ち。 これは、AKBのことを多少なりとも知ってる人なら、
誰も異論はないと思う。

そして、海外移籍も含めた組閣だけども、 海外移籍に関しては、
本人が決めたことであれば、 その決心と決断力は凄いし、気持ちよく
送り出してあげれば良いのだと思う。

推しではないから、簡単に言えるのかもしれないけど、個人的には
楽しみしかない。

僕が気になるのは、寧ろチーム体制の変更の方。

僕含め、大方の予想はチーム8新設の上での再組閣、もしくは一部
メンバーの移籍だったと思うけど、結果はその真逆で、3チーム体制へ
戻ることに。

これをチーム4の消滅と見るか、単に3チーム体制に戻すに伴い、
チーム名が順番にA,K,Bとなるだけで、どのチームが消滅したと言う
訳でもないと見るかで、この組閣の見え方は変わってくると思う。

僕は、どちらかと言えば後者の見方だけど、それでも、チーム4をと言う
名前が消滅した事だけは間違いのない事実であって、 これまで、若い
メンバーだけで、頑張ってきたことを思えば、やっぱり気の毒だなと
感じる。

 ただ、僕はAKBの各チームは、様々な世代のメンバーが混在して
いた方が良いと思うから、 その意味では、寧ろ良かったかなと思う。

問題なのは、各チームあたりの人数が増えるにも関わらず、
ステージに立てるのは、 16人のままで、そこから漏れてしまえば、
ステージに立てないと言う新システム。。

う~ん、、こればっかりはどうなんだろう。。

これだと名ばかり正規メンバーと言うのが出てくることになってしまう
けども・・

あと、各チームのキャプテンも、もっと若い世代に任せてみて欲しかった。

海外移籍や兼任するメンバーの事ばかりが話題になって、
議論を呼んでるけど、そちらに関しては、「AKBってスゲ~な。」と言う
気持ちしか、僕個人はない。

寧ろ、「?」マークが浮かぶのは上記の2点についてなんだよね。


最後に、ぐぐたすでの、さしこの投稿を紹介。


『あっさんすきだ。ほんとは、桜の花びらたちは、 AKBメンバーだけ
だったから、出れない予定だったんです。でも、ふと、出たいなーって
いったときに、 あっさんが、出ないの!?出なよ!って言ってくれた
んです。そのおかげで、みんなとステージで歌えた。』


なんか素敵やん。

こういう小ドラマ、大ドラマを上げだしたら、きりがないよね、AKBって。

小林よしのりじゃないけど、いい年したおっさんに、 こうやって恥ずか
しげもなく熱く語らせてしまうのが、AKBの凄味だよな~w
[PR]
by missiontomars | 2012-09-10 09:43 | AKB関連