超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 映画「麒麟の翼」観てきました。いや~、良かったです。 ここ最近で観た映画の中では、
1番良かったんじゃないかな。

 なお、僕はドラマ新参者は未見ですし、原作の方も読んで ません。
読書は大好きだけど、ノンフィクションしか読まない 人間なので、東野圭吾の事も
殆ど知りません。 そう言った人間の感想であると言う事は念頭に置いた上で お読み
頂ければと思います。



(直接的なネタバレはしないように配慮して書きましたが、 レビューと言う性質上、
間接的なものを含めれば、全くゼロ ではありません。これから、ご覧になる方は
ご注意下さい。読みたい方だけ、「続きを読む。」をクリックして下さい。)

続きを読む
[PR]
by missiontomars | 2012-01-31 21:44 | 感想・レビュー関連
 『大阪維新の会、次期衆院選、全国で擁立へ』と言う新聞記事を読みましたが・・。


う~ん、大丈夫なんかな、これ。
いや、僕も道州制には賛成だし、寧ろ、それしか日本の進む道は ないとすら思って
います。 そして、そのうねりを作り出す事ができる可能性がもっとも高い のも、
大阪維新の会でしょう。
民主・自民のヘタレ政党では、絶対に無理。

 だから、最終的には維新の会には、国政に殴りこみを掛けて 欲しいと思っています。
 だけど、今そこに向かって、具体的な動きを見せるのは、 タイミングとして早すぎると
思う。 著書「体制維新 大阪都」の中で、橋下さん自身も、そう語って いたはずなん
だけどな。

 大阪W選挙での勝利以来、大政党がこぞってすり寄って来ている 今の状況を、
しばらくは上手く利用しておいた方が、得策な気が するのですが。

 橋下さんに対して、釈迦に説法である事を自覚した上で、敢えて 言えば、既得権益を
持った人々の抵抗は本当に凄まじい。
 怖いのは、その力が記者クラブと言う最悪の制度を通して、 大手メディアにも及んで
いる事。
 そう言った勢力の汚いやり口に潰されないだけの準備が、今の 段階で出来ているとは、
ちょっと思えない。

 まずは、大阪都実現に向けてまい進して、道州制への動きは、 数年後、その道筋が
はっきりと見えてからにした方が良い気が します。

 まあ、そうは言っても、橋下さんの事ですから、その場の勢い だけで動いているって
事はまずないでしょう。

橋下さんって、喧嘩の仕方が、物凄く上手ですからね。 この動きも、まだブラフの
範疇なのかもしれません。

ともかく、まずは大阪都実現へ。頑張ってほしい。

そして、それに向けて一番大事なのは、国民の方が、しっかりと 意識を高める事。
ろくに投票にもいかない国民に、文句を言う資格なし。
[PR]
by missiontomars | 2012-01-24 04:55 | 政治・経済の話題
 三谷幸喜脚本演出の舞台、『90ミニッツ』を観劇してきました。


 交通事故にあった9才の男の子が病院に運び込まれます。
大量に出血をしていて、90分以内に手術を始めなければ、子どもは確実に
死んでしまう。
 ところが、病院に駆け付けた父親は、地域の慣習からくる信仰から、輸血を
頑なに拒絶します。しかし、輸血無しの手術など、絶対にありえない。

手術の同意書へのサインを拒み続ける父親と、どうにか輸血への理解を得て、
サインをもらおうとする医者の90分間のやりとり。


とまあ、こんな感じのストーリーです。


 終始、密室に2人だけでの会話劇、一切の場面転換がなく、音楽すらもない。
言わば、三谷演劇の真骨頂とも言える設定と言えます。
 しかし、今作はコメディでありません。寧ろ、これまでの三谷作品の中で、
最も笑いの要素が少ないとすら言える、シリアスです。

(以下、ネタバレ含みます。読みたい方だけ、続きを読むをクリックして
下さい。)

続きを読む
[PR]
by missiontomars | 2012-01-17 20:40 | 感想・レビュー関連
新年あけまして、おめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。
さて、新年一発目の更新は、何について書こうかと思っていたら、
ビッグニュースが飛び込んできました・・。

さっしーのソロデビュー・・

これはさすがに驚きました。まあ、一番驚いてるのは さっしー本人でしょうが。

 ソロデビュー・・・ファンなら当然喜ぶべきところ なんだろうけど、正直に
言ってしまうと不安の方が 大きいです。大丈夫なんだろうか。。

 さっしー本人もブログで「最近、たくさんのことが ありすぎて」と書いていた
とおり、ここの所のさしこの 勢いは凄まじいものがあります。

 いいともレギュラー、フォトブック、ドラマ主演・・ などなど。

いいともレギュラーは、バラエティー班のさっしーに とって大きなプラスだと
思います。
 フォトブックも、エッセイや対談など「らしさ」が 溢れるものになりそうだし、
純粋に楽しみ。
 いきなりのドラマ主演についても、まあド深夜の15分 枠だし、内容も
さっしーらしい部分がありそうなので、 活躍の場や経験を広げる意味でも
良い事だと思います。

 ついでに言うと、アリさんマークの引っ越し社のCM は、さしこの魅力全開で
大好きです(笑)

 だけど、大島優子や高橋みなみ、篠田麻里子と言った 面々を差し置いての
ソロデビューは、さすがにちょっと 急ぎ過ぎな感が否めないような・・。
 人気や実力がどうこうとか言う話ではなくてね。。

 スター街道を快速で飛ばしすぎて、さしこらしさが ぼやけてしまわないか
とか、世間や他のメンバーの ファンから、ヘンな反発を招きはしないかとか、
どうしても、いろいろと心配してしまいます。

 いや、もちろん全力え応援はしますよ。でも、心配も 同じくらい大きいんだ・・
ファンだからこそね。

 昨年の生誕祭の際、総選挙で9位になるなど、自分の 存在が大きくなる事が
原因で、離れて行ってしまう人も いる事や、自分では変わっていないと思って
いるのに、、 気をつけてもいるのに、「変わった。」と言われてしまう 事への
悩みを涙ながらに語った、さっしー。

 きっと、今回もその悩みを抱えながら、頑張る事になる んだと思う。

 でもね、さしこが変わったと言うのは、成長と言う意味 においてなんだよ。
 地味さとかヘタレさとかが、だんだん薄れてきて部分は 確かにあるんだと
思う。それで、離れていくファンも 少なからずいるかもしれない。

だけど、それはしょうがないさ。

寧ろ、ヘンに受けを狙ってワザとヘタレに振る舞い続け、 ヘタレの為のヘタレを
演じだしたら、それこそいつか、 大きなしっぺ返しを食らうと思う。

 ヘタレでも頑張るさしこをファンは応援してきたし、 今も応援してる訳だから。

 ホントは、こう言う、やや後ろ向きな事は書きたくない んですよ。
ファンが後ろ向きだと、さしこ本人も、さらにどんどん 不安になっていくだろうし。

以下、ソロデビュー決定を受けての、指原クオリティー の記事から、一部抜粋。

『指原は、みなさんがどう思ってるかが、ほんとに 不安です。
最近、たくさんのことがありすぎて、
指原じゃないみたいですよね…
みなさんが応援してくれるか、不安です。
でも指原としては、
ソロデビューしたい人はたくさんいます
歌もダンスも、指原よりもうまい子がたくさんいます
指原にしかできないなにかをみつけたいと思います
真剣に、がんばります。 』


 うん、やっぱりファンが不安だ、不安だと口に出したら やっぱ駄目だわ。
これ読んで、改めてそう思いました。。

 不安な気持ちはあっても、さしこが真剣に頑張ってるなら、 全力で応援しよう。
 そして、成功の暁には、「さしこのくせに」といじって、 あげれば良いのだ。


・・長々と語ってしまった、いい年してホントお恥ずかしい(笑)
[PR]
by missiontomars | 2012-01-10 04:21 | AKB関連