超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドラマ「ニュース速報は流れた」を、レンタルDVDで一気見 しました。
脚本は踊る大捜査線で有名な君塚良一。

 感想はですね、期待通り、非常~に面白かった!!・・のですが、
その全てが最終回で台無しでした。。。ほんとガッカリ。。

 ネタバレになるような記述は避けますが、一言で言えば、完全に
書き手側の自己満足の最終回。

 君塚良一本人は、「どうだ!これまでにない斬新な最終回だろ!」
とでも思っているのでしょうが、視聴者は、誰もあんな事求めてない
っちゅ~ねん。。。

 いやね、この手のドラマの最終回での、典型的な失敗例ってのは、
それまで散々伏線を張っておきながら、それを全然回収出来ずに
終わってしまうと言うパターンだと思うんですよ。

 要するに完全な無計画脚本。僕は見てませんが、20世紀○年だとか、
エヴァン○リオンだとかが、そうだったと言う話は良く聞きます。

 でもね、「ニュース速報は流れた。」は、それとは違います。
しかけられた伏線は全てしっかりと回収されていきます。とても
良くできたストーリーだと思います。それだけに非常に残念なんです。

 「ニュース速報は流れた」は、全10話構成なんですけど、 最終回は
第11話となっていて、第10話は存在しないんです。

 簡単に言えば、第11話を見て、第10話の内容を推理してみて
下さいねってコンセプトなんです・・・。

 でも、その第11話が物凄くダラダラ退屈な感じで。。

 いやね、第9話(つまり最終回の前話)が終わった時点で、多少の
違和感はあったんですよ。
 思った以上にストーリーが進んじゃったんで、ちょっと不思議に は
感じたんです。はっきりとゴールが見えてしまったと言うか。

 それでも、その時は、「まあ最終回だけは予定調和型のストーリー で
行くって事なんだろうな。」と思ったんです。

 視聴者の予想や期待を、どんどん裏切っていくってのも、面白さの1つ
ですけど、最終的に視聴者の求める通りの結末を用意するって タイプの
面白さもあるんですよね。別にそれがレベルが低いって 訳でもない。
 踊る大捜査線なんかは、完全にそっちのタイプでしょう。

「ニュース速報は流れた。」は裏切り型のストーリーですが、 君塚さんは、
やっぱり踊るでの印象が強いですから、
「ああ最終回だけは、踊る的な感じで行くんだな。」と思ったんです。

 と言うか、それが良かったと思うんですよね。その方がよっぽど 気持ちの
いい最終回になったはず。 少なくとも、第10話を省いてしまうみたいな変な
演出は絶対に いらなかったと思うのですが。。。

 とりあえず、東都テレビコンプライアンス部の内田明恵役を演じた佐津川
愛美って娘は、今回初めて知ったのですが、非常に かわいかったです。 
[PR]
by missiontomars | 2011-08-29 21:48 | 感想・レビュー関連
 久々の更新となってしまいました。

8月は仕事が最も忙しい時期である事に加えて、それを差し置いてでも
書いておきたいと思える出来事も、少なかったものですから・・・

 とは言うものの、弱小ながら一ブロガーとして、1か月以上も更新無しで
放置するのは、ちょっと気が引けたので、とりあえずの更新です。

 がしかし、基本的には、書きたい時に書くスタンスの気ままなブログなもの
で、更新自体が目的になってしまうと、なかなかネタが思いつかず・・。
しょうがないので、ベタベタですが紳助さんの引退騒動について書く事にしま
した。

 まあ、正直に言うと感想と言うほどの感想はないんですよね。ここ最近、
紳助さんの番組は殆ど見ていませんでしたし。。

 頭の回転の速さ等は、本当にもの凄い人だったと思います。稀に見る
才能を持った、一言で言えば本当の天才だったのではないでしょうか。
 最近は、嫌いなタレントの筆頭格にも挙げられる存在ではありましたが、
その才能は、誰もが認めざるをえないものだったはずです。

 しかしまあ、芸能界とヤクザの繋がりなんで、昔から言われていた事で
あって、今さら、ちょっとメールが発覚した程度で、吉本側がここまでの問題に
するとは、正直言って思えません。

 バレたら、それこそ本当に厄介な問題になる大きなネタがあるからこそ、
早めに手を打って置いたのではないかと言う疑念は、拭えません。

 「全て正直に話す。」と断言していたはずの記者会見の中で、「写真や手紙
など存在しない。」としていたにも関わらず、翌日にはあっさりその存在が
報道されてしまうようでは、その疑念も増すばかりです。

 ですが僕は。紳助さんが暴力団と、どの程度の関わりがあったのかと言った事
には、殆ど何の興味もありません。
 寧ろ、報道番組がこの話題に時間を割いている事に嫌気が指しています。

 そんな事より僕が関心を持っているのは、この情報がどういう経緯で持ち込ま
れたのか、そこにはどう言う意思があったのかと言う点です。

 これは別に野次馬根性的な観点から言っているのはありません。

 報道を見ていると、メールその他は、全く別の恐喝事件の捜査の中で発覚した
ようです。その情報が、吉本にもたらされた。
 とすれば、これは完全なる「捜査上知りえた情報の漏えい」でしょう。

 大相撲の八百長問題の時もそうでした。
発端となった八百長メールは、野球賭博の捜査の中で見つかったものであり、
それを警察が文科省だかに報告した事から問題が発覚した訳です。

 はっきり言って、一芸能人に過ぎない紳助さんが、暴力団とどう言う付き合いが
あったかと言う事より、この「捜査上知りえた問題の漏えい」疑惑の方が、社会的に
見て、はるかに大きな問題のはずです。報道番組が扱うべきテーマであるかもしれ
ないとも思います。

 にも関わらず、視聴率が取れそうなワイドショー的扱いに終始するバカメディア。
まあ、枝野官房長官に、この件に関する質問をしてしまうマヌケぶりですから、
推して知るべしと言う事なのかもしれません。
[PR]
by missiontomars | 2011-08-26 02:25 | お笑いの話題