超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 さて、今回は来期以降のプロ野球オールスター戦の在り方について
書こうと思っていたのですが、それは次回に回して、今回はベタな話題
ではありますが、尖閣諸島付近での中国船追突ビデオに関する一連の
話題について、ごく簡単に書こうかなと思います。

 まあそもそも、これについてはビデオ非公開を決めた、菅・仙石ラインの
異常なまでの中国への配慮が根本原因でしょう。
 結果としてyou tubeに投稿されたから言うのではなく、こんなものは
初めから全面公開してあったりまえのもの。何故被害者の方が、こうも
遠慮しまくって、加害者の方がこうも尊大な態度を取るのか。
全くもって意味不明です。
 
 you tubeにビデオを投稿した海保の方についてですが、少なくとも、
彼の心情や正義感のようなものには大いに共感できます。
 一方で、公務員として規律の観点からしたらどうなのかと言う点から
すれば、確かに問題もあるのでしょう。
「元々は機密扱いでも何でもなかったのだから。」と言う人もいますが、
少なくともyou tube投稿時には機密扱いだった訳ですから。

 ですので、ルールはルールとして、一定の処罰みたいなものはあって
しかるべきでしょう。

 だからと言って、彼を非難するような必要は全く無く、寧ろ処罰覚悟で
公開に踏み切った英断を称えれば良いのだと、僕は思います。

 それにしても、今回の尖閣関連の問題で、明らかに日本外交に対する、
国内の空気が変わったのではないでしょうか。

 土下座、弱腰、媚外交のあまりの情けなさとその弊害に対して、やっと
日本人が目覚めたかなと。

 大手のテレビメディアが政府の外交を「弱腰」と評して批判するなんて、
これまでなかった事でしょう。それどころか靖国参拝等などでちょっとでも
揉めると自国の政府の方を批判してしまう呆れる程の馬鹿っぷり。それが
今回は、明らかに空気が変わりました。

 まあ、中には「対中強硬派の前原氏を外務大臣にした菅内閣にも責任が
ある。」などと、泣けてくるぐらいの大馬鹿コメントをしていたジャーナリストも
中にはいましたけど。

 こうなった原因は、民主党の外交ベタが原因でしょうね。弱腰外交って点で
は、自民党だってハッキリ言って同レベルだったと思います。

ただ、菅内閣はそれに加えて、外交ベタと言う要素が加わった。その為、一旦は
船長逮捕に踏み切って、自民党よりむしろ強硬な姿勢を垣間見せておきながら、
結局は何もせずに釈放してしまうと言うチグハグぶりを露呈してしまった。

 結果として、媚中ぶりが、これまで以上に目立ってしまった結果が、空気が
変わった要因だと感じます。
 おかげ様で、今後どんな政権が誕生するにせよ、(自民党時代を含めた)
これまでと比べて、国益を失う弱腰外交は取りにくくなったのではないでしょうか。
これは実に良い事です。

 その意味で今回の一連の騒動は大いに意味があったのかなと思います。
ま、菅内閣の意のするところでは全く無い所で、ですけどね(笑)

 
[PR]
by missiontomars | 2010-11-22 19:17 | 政治・経済の話題
 と言う訳で、今年の日本シリーズは、千葉ロッテマリーンズが制しました。
中日・落合監督が敗戦後、「表面に出る強さと、強さを感じさせない強さは
別物だな。」と語ったらしいですが、「確かにな・・。」と言う感じです。

 たしかにロッテのスタメンを見ると、それ程強そうにも見えません。しかし、
実際に戦ってみると、中日にとっては(表面に出る強さを持っている)阪神や
巨人よりも、やっかいな相手なのではなかったでしょうか?

 大味な試合もありましたが、終わってみれば球史に残る大熱戦になりま
したね。非常に見ごたえありました。

 一つ残念なのは、シーズン開幕当初、走攻守に渡って大活躍だった新人・
荻野が5月下旬に怪我をしてしまい、結果としてシリーズにも全く出場でき
なかった事です。イチローや青木二世になれるほどの素晴らしい選手だと
思うので、是非、日本シリーズ見たかったです。
 しかし、言わば彼の代役として出てきた清田がシリーズ男的な活躍をする
訳ですから、ロッテの底力を感じます。

 ちなみに僕は、開幕前の順位予想でロッテは最下位予想でした。。。お恥
ずかしい・・。

 中日側から見れば、落合監督が第5戦をあからさまに捨て試合にして
しまったのが、まずかったのではないかな・・と思いますね。

 明らかに調子の悪い中田を懲罰登板かと感じる程に不自然なまでに
引っ張った上に、最後にはクリーンアップまで下げてしまうと言うあからさま
さには、ちょっと驚きました。

 それ以前に、僕は第5戦の先発はロッテ・成瀬、中日・吉見ではないかと
踏んでいました。その場合、両者とも中4日になりますが、成瀬に関しては
クライマックスシリーズで中4日登板を2度に渡って行い、いずれも見事な
好投をしていますし、吉見は中4日と言っても、前回登板(シリーズ初戦)は、
僅かな投球数で、さっさと降板している訳ですから、問題なしだと考えた
訳です。

 ですので、両先発がペン・中田と知った時は、少々驚きました。そう言う
意味でも、相手先発がエース成瀬ではないにも関わらず、序盤で試合を捨てて
しまうのは、あまりに決断が速かったのではないかと思います。

 次の日が移動日である事を考えればなおさら・・。あそこで落合監督が
中田をすぐに降板させ、試合を諦めない姿勢を選手に示せば、結果は違った
ものになる可能性もあったかもしれません。
 
 短期決戦ですから、余程の事がないかぎりは捨て試合を作る余裕はないと
言うのが鉄則でしょう。
  
 第7戦、負けてもまだ後のあるロッテが、序盤に大量失点した渡辺をすぐに
下げ、試合を捨てない姿勢を見せたのとは対照的です。

 結果として、ロッテは逆転勝ちし、日本一を勝ち取りました。まあ、それに
ついては結果論でしょう。しかし、少なくともドラゴンズにとっての第5戦は、
ロッテにとっての第7戦以上に、捨てる事が出来ない試合だったように感じます。

 まあ何にせよ、シーズン終盤から、クライマックスシリーズを通してのロッテ
の快進撃は神がかり的でした。様々な意見のあるCS制度ですが、僕は改めて
素晴らしいものだと言う確信を深めました。

 これについては、もうしばらくしたら今シーズンの総括をアップしようと思って
いるので、その時にでも。

 さて、シリーズの内容そのものは素晴らしいものとなりましたが、プロ野球
ファンにとって、衝撃的だったのは、史上初めてシリーズの地上波全国中継
がない試合が生じた事でしょう(1・2・5戦の3試合)。

 まず断っておきますが、僕は言われている程、プロ野球人気が衰退している
とは思いません。
 人気衰退を過剰に叫ぶ人は、巨人戦の全国中継の視聴率しか見ていないの
でしょう。

 今の時代、一つの球団の「全国」中継視聴率が低下するのは、そもそも当たり
前の話。寧ろ、パ・リーグの球団が地域密着に成功して、以前と比べて、遥かに
人気を高め、観客動員数も大幅に増えた事などに注目するべきでしょう。
  もちろん、改善すべき点は様々ある事はあるでしょうが。まあ、これについても
いずれ書きます。

 話をシリーズの全国中継に戻します。上でも書いたとおり、全国中継が、以前
程の高視聴率を獲得できる時代ではないと思います。
 価値観などが多様化、細分化している今の時代、熱心な野球ファンは有料の野球
専用放送に加入すれば良いと言う意見もあるし、野球界も失った地上波放送権料は
そちらで補えば良いと言う考え方も出来ます。一理ある意見だとは思います。

 しかし、それでも日本プロ野球の最高峰の戦いである日本シリーズであれば、
多少なりとも普段野球を見ない人が中継を見てくれるかもしれません。
 
 重要なのは、ここです。熱心な、コアなファンしか相手にしないような業界は、
いずれ必ず衰退すると僕は考えます。

 そもそもどんな業界でも、ファンの9割以上は「にわか」でしょう。にわかファンを
無視しては経営は成り立たないし、その9割のにわかファンの内の一部が、いずれ
1割未満のコアなファンへと移行してくれる訳です。

 にわかファンを無視する事は、つまり将来のコアなファンを無視する事です。

年間146試合もあるレギュラーシーズンの全国中継がが地上波から専門チャン
ネルに移行するのは、ある程度止むをえないでしょう(各球団の地方中継は別)。

 しかし、日本シリーズの地上波全国中継については、日本プロ野球機構は
頑なまでに維持するべきでしょう。にわかファンを、そして将来のコアなファンを
取りこむ大切なツールだと考えるからです。

 もちろん、テレビ局も慈善事業でやってる訳ではないので、放映権料に見合う
高視聴率が取れなければ、中継はしてくれないでしょう。
 だったら、放送が成り立つレベルにまで放映権料を下げたら良いじゃないですか。
それは、将来に対する投資になるはずです。
 
 
 
[PR]
by missiontomars | 2010-11-08 21:51 | 野球の話題