超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 7月11日放送の、『たかじんのそこまで言って委員会』の中で、政治評論家の
三宅久之氏とフリージャーナリストの上杉隆氏とが、激しい口論となる場面があり
ました。

 まあ、口論と言うよりは、三宅さんが、ほぼ一方的に上杉さんを罵倒している
印象でしたが、その内容は大体以下のような感じです。
 
 上杉さんが週刊ポストにおいて連載している、官房機密費問題の記事について、
三宅さんが『君(上杉氏)は、「改めて私に取材した」などと書いているが、私は取材
なんて、君から一度も受けていないじゃないか。してないだろう?デタラメな事を書く
んじゃない。』と言った感じで激高。

 これに対し、上杉さんは『こうした取材と言うのは、チームで行う事があり、私自身
は(三宅氏に対して、改めての)取材はしていないが、週刊ポストの私のチームの
記者が間違いなく取材している。』と反論。

 これについては、同席していた勝谷さんも、「取材をチームで行う事は確かに良く
ある事である。」と、フォローしていました。

 しかし、三宅氏は尚も『だったら、私だなんて書くんじゃない、第一、週刊文春から
の取材は受けたが、週刊ポストからの取材なんて一度も受けた事がない。』と頑な
に主張。

 上杉さんは『それは三宅さんの勘違いですよ。』と反論していました。

怒り心頭と三宅氏は、官房機密費問題以外の事も持ちだしながら、上杉氏を
「嘘つき」等々、激しく罵倒。これに対して上杉氏は終始冷静に一つ一つ、しっかり
反論している印象でした。

 この口論が放送されている最中、番組では画面右下にテロップで解説が表示
されました。内容は要約すれば、『番組終了後、週刊ポストの取材記録を三宅氏に
見せた所、確かに自分が話した内容である事を三宅氏も認めた。しかし、相手は
週刊ポストとは一切名載らなかったとも主張した。』と言うものでした。

 しかし、このテロップは長文の割には表示時間が短かく、文字も細かかった為、
しっかりと確認出来なかった方が、かなりいたのではないかと思います。
 僕は録画して見ていたので、全文しっかり読めましたが、生で見ていたらかなり
厳しかったのではないでしょうか。

 上杉氏の、ジャーナリストとしての信頼に大きく揺るがしかねない問題なのに、
あの雑なテロップはあんまりではないかと、感じたものです。

 その後、上杉氏は7月20日発売の週刊ポストの中で、改めて三宅氏に反論
しています。僕もさっそく読んできましたが、今回の論争は完全に上杉氏の勝利
との印象です。(ちなみに、週刊ポストの記者が、しっかりそう名乗った上で、
三宅さんに取材している録音記録がしっかりと残っているようです。)
皆さんにも、是非読んで頂きたいです。

 たかじんの委員会もさすがに責任を感じた部分があるのか、1週間後、番組関連
コンテンツとも言える「週刊たかじんのそこまでやって委員会」に、上杉氏の反論を
アップしました。↓
(http://ex-iinkai.com/free/detail18.html)

 しかし、関連コンテンツはあくまで関連コンテンツ。上杉氏が取材記録をねつ造した
と捉えられかねない内容の放送をした訳ですから、番組の中で、しっかりと訂正・
謝罪をするべき問題でしょう。

もちろん、間違った根拠や記憶違いなどで、上杉氏を罵倒した三宅さんも同様です。

 ジャーナリストが取材記録をねつ造したとなれば、それは死活問題です。まして
上杉さんは、フリージャーナリストであり、普段からジャーナリズムのあるべき姿
を追及している方ですから、尚更です。


それが出来ないような人物や番組であるならば、こちらもそれなりのモノとして見る
しかなくなります。
 
[PR]
by missiontomars | 2010-07-21 04:32 | その他の話題
 参議院選挙、皆さん投票には行きましたでしょうか?僕は、投票には
毎回必ず行っていますが、平日休みの仕事に転職した為、今回初めて
期日前投票を経験しました。

 さて、皆さんご存じの通り、選挙結果は民主党の惨敗に終わりました。
僕にとっては、民主党が負けたと言う事より、自民党が大きく議席を伸ば
したと言う事が意外でした。

 自民党が野党に転落してから、まだ1年もたっていないこの段階で、自民
党に躍進の機会を与えるのは、ちょっと早すぎるのではないかと、僕は率直
に感じます。

 自民党が密室体質、利権談合体質から変わっている、少なくとも変わろうと
しているのが見えるのであればともかく、そんな様子はまだ全然見えてない
訳で。

 自民党は、前回の衆議院選挙において、ただ惨敗しただけでなく、党の
改革が必要だと考える若手が次々と落選する一方、国民が拒否したはず
の、『THE自民党』的な古い議員が、比例区の方で多数復活当選を果たし
ました。

 この事を受けて、当時の『たかじんのそこまで言って委員会』では、「コップの
水笠は減っても、泥が抜けて、泥水が真水になればそれで良いと思っていた。
しかし抜けたのは水の方で、真水どころかヘドロになってしまった。」と言う発言
がありました。僕はそれがとても印象に残っています。

 その後の総裁選でも、「腐ったリンゴは排除しなければならない。」と主張した
河野氏を自民党は冷遇しました。その結果として誕生した今の谷垣体制に
党改革が期待出来るとは、僕には思えません。
 表向きの顔にだけ小泉慎次郎なんかを起用して、フレッシュなイメージを
与えようとしてますが、実質的には何も変わっていないのが現実でしょう。

 そんな実態を見ている以上、もう一度自民党に厳しい鉄槌を加えて、『君たち
が本当に変わろうとしない限り、国民は二度と振り向きませんよ。』と言う強い
メッセージを与えるべきだったと思うのですが。

 僕は外国人参政権については断固反対の立場だし、その他の問題でも例え
ば、憲法9条も改正すべきだと思っているし、日教組も大嫌いだし、そう言った
意味で、思想的にはどちらかと言えば、自民党に頑張ってもらいたい訳です。

 しかしだからこそ、彼等に中途半端な段階で、復権の機会を与えるべきでは
ないと考えていた訳です。

 一方の民主党ですが、菅体制で選挙に負けたからと言って、ここで小沢氏の
復権を許すようであれば、 それこそ国民から完全に見放されるでしょう。
 その時は、次期衆院選で野党に逆戻りです。その辺は肝に銘じておいて頂き
たいものです。
 一部の左翼臭いところは気に入らない所もありますが、それでも僕は、菅・枝野
体制には、期待したいと思います。消費税議論もビビらずにすればよろしい。
 
[PR]
by missiontomars | 2010-07-12 23:34 | 政治・経済の話題
『踊る大捜査線the movie 3 奴らを解放せよ。』見てきました。感想は・・
う~ん、正直言って期待はずれでした。僕の中では、どう考えても、
シリーズ史上、最低の出来。踊るが本来持っていた良さ、エーストを失って
しまった気がしてなりません。
(以下、一部ネタばれを含みます。具体的な内容は、実際にご覧に
なった方にしか分からないよう、出来る限り注意を払って書いてはいます
が、続きを読まれる方は十分ご注意下さい。)


 

続きを読む
[PR]
by missiontomars | 2010-07-06 11:40 | 感想・レビュー関連