超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アバター見てきました。あんまり世間に流される事のない僕ですが、
今回は珍しく世間に流される形で見てきました(笑)。
感想はですね、まあ、いろいろとあるんですが、単純に「面白かった
かどうか?」で言えば、面白かったです。ただ、事前にあれだけ煽られ
ると、やっぱりハードルが上がっちゃいますからね。それに答える事が
出来るだけのレベルだったかと言われると、「う~ん・・」という部分は
あります。
これが、ぶらっと映画館に行って、たまたま見た映画だったなら、
普通に「面白かったよ。」と言える作品である事は間違いないとは思い
ますね。
(以下、いろいろ書きましたが、一部ネタバレも含みますので、続きを
読みたい方だけ、「続きを読む」をクリックして下さい。)

続きを読む。
[PR]
by missiontomars | 2010-02-11 22:28 | 感想・レビュー関連
 いやはや・・恐ろしい組織ですね、相撲協会って。。。
今の日本にこんなにも前近代的な組織があったとは。それも、どっかの
一般社会と断絶してるカルト教団での話なんかじゃない。れっきとした、
文科省の財団法人での話です。
 こうなって来ると、本当に財団法人剥奪したらいいじゃないのかと思いますね。
なんとか理事に当選する事ができた貴乃花親方ですが、あの腐りに腐りきった
組織の中で、果たして一人で何処までの事ができるか。。。

 こう言う状況で、改革を断行するには、やはり圧倒的な世論の力を借りる
しかないんだと思う。今回、形だけでも更正で民主的な選挙が行われたのも
世論の力によるものでしょう。これまでは、無記名投票と言いながら、投票箱に
入れる前に、「誤字脱字がないかの確認」とか証して、誰が誰に入れたのか
確認してたって言うんだから、笑えない冗談とは、この事です。

 数年前のプロ野球再編騒動の時も、本来なんの議決権も持たない選手会
が大きな力を持ったのは、圧倒的な世論によるものでした。それが無ければ、
今頃プロ野球は1リーグ制になっていた事でしょう。

 しかし、残念な事に貴乃花って人は、世論に対して訴えかける事は、あまりと
言うか、全く持って不得手。。
 であるならば、世論への訴えは、貴乃花親方の意思に賛同する志のある誰か
が担当すべきだろうと思う。自分の首を掛けてでも、貴乃花親方の意思に賛同
する安治川親方の人もいるのだから。 

 今、問題になっている朝青龍の暴行騒動。確かに解雇を言い渡されても仕方の無い
ぐらいのレベルの話だと思うが、その一方で「品格」なんて言葉を口にする資格が
協会の側にあるのか?と考えると甚だ疑問。
 協会と朝青龍の関係を一言で表すなら「あの親にして、この子あり」でしょう。
[PR]
by missiontomars | 2010-02-03 17:27 | 社会の話題