超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年も、残すところあと一日ちょっとなってまいりました。
このブログを覗いて下さってる皆様、今年もありがとうご
ざいました。

今年は、僕にとって社会人一年目と言う事で、いろいろ
大変な年でした。

今、昨日やってたTVタックルSPの録画を見ながら、
これを書いてます。来年は確実に衆議院選挙がある
訳で、この分なら間違いなく政権交代になるんじゃな
いかと思うんだけど、僕が注目してるのは、その選挙
での投票率。
これだけ大きな意味を持つ選挙でも、投票率が低いよう
だったら、この国で駄目なのは政治家でも自民党でも
なくて、国民だってことやねと思う今日この頃。


さて、そろそろ家をでなきゃならんので、短いけどこの辺で。
皆様、良いお年を。そして来年も宜しくです。

(来年の、ダイアンM-1優勝と阪神優勝を祈願します。)
[PR]
by missiontomars | 2008-12-30 14:56 | その他の話題
と言う訳で、M-1グランプリ2008は、NON STYLEの優勝で
幕を閉じました。NON STYLEおめでとう!!

今年のM-1グランプリですが、全体的にみれば、かなりレベルが
高かったと、僕は思います。ザ・パンチを除く(ザ・パンチ、ごめん。)
8組に関しては、まさしくM-1ファイナリストに相応しい漫才を披露
してくれたと思います。

しかし、逆に最終決戦に残った3組のレベルは、例年に比べるとかな
り低めかな。。
去年までは、『凄げ~!!』と感嘆、そして爆笑してしまう程のネタを
見せ付けてくれるコンビが最低でも一組、多ければ二組程いたので
すが、今年は、それがなかった。いつもなら、3位ぐらいの成績になる
レベルに8組が団子状態で固まっていたと言う印象です。



以下、個人的な各ネタについての感想。

・ ダイアン

  個人的にはかなり好きなネタでした。ただ、松っちゃんが
  言ってたけど、確かに前半はエンジン掛かってなかった
  かな~。。冒頭の「ファナスティ知ってる?」~「あ~そう
  言う事なん?」は、面白かったんだけど、あれだけ引っ
  張って、時間取ったフリにしてはやや弱かったと思う。
  ただ、僕の中で、もう一本ネタを見たかったコンビNo1は
  彼等です。


・笑い飯

 ほんの少しだけ、いつものネタのパターンをいじってきま
 したね。正直な所、個人的に笑い飯の漫才は、どちらかと
 言うとあまり好みじゃなくて、特に一般的に評価の高い、
 終盤の矢継ぎ早にボケ・突っ込みが入れ替わるシーン
 は、あまり好きでないんですよね。だから、僕には彼等の
 正当な評価はできんかな。。。

 ただ、今年の点数で最終決戦に残れなかったのは、笑い
 飯にとってはかなりの痛手でしょう。いつもの年なら、間違
 いなく残っていたのではないかと。そしたら、優勝していた
 可能性もあったと思うんだけど。



・モンスターエンジン


 面白かったし、上手かったと思うけど、ボケ(笑い)の数で
 負けたかな。でも、結成2年目と言う事を考えれば、もの
 凄いレベルだと思います。まだ8回も出場できる訳で、
 何年か後には優勝するんではないかと。



・ナイツ

 やっぱり、「ヤホーネタ」で来たか。。。と思ったのですが、
 (一本目のネタについては)様々なアレンジを加えていて、
 ある意味新ネタと言っても良かったのではないかと。
 しかも、そのアレンジを加えた部分が、素晴らしい出来
 だったと思います。


 しかし、2本目がなあ。。。最終決戦まで来て、使い古し
 のSMAPをやられては冷めてしまう。。。しかも新たな
 アレンジもあまりなかったし。 



・U字工事

 もうちょっと、爆発力が欲しかったなあ。。。ネタ選択にやや
 失敗した気がする。上手さはあったけど、笑いの量は少な
 かった。。。。


・ ザ・パンチ

 ごめん、いつもはどんなネタやってるか知らんので、ちと
 コメント出来ん。初出場のラストチャンスで失敗してしま
 って、ちと気の毒。
 

・NON STYLE

  一番上手かったとは思うけど、個人的にはそこまで面白か
  ったかな~?とも思う。例年で言えば(ちょうど去年のキング
  コングの様に)最終決戦までは行ったものの、最終決戦では
  一票獲得程度に留まり、だけど来年の最有力優勝候補は彼
  等だなと感じさせるような出来だったと思います。(なんじゃそりゃ)。
  
  今年、「実力あるで!」って所を見せ付けて、来年優勝した方が、
  彼等にとっては良かったかも・・・。ただ最終決戦での3組の出来
  を考えれば、はっきり言うと、消去法で彼等の優勝しかありえない
  かなと。 

・キングコング

 
 明らかに、去年よりパワーダウンしてたなあ。。。これだけ売れ
 っ子になってから、M-1に物凄い情熱を注いで、しかも今年は
 全国で漫才ライブも慣行した言う事で、かなり期待していたんで
 すが、ちと残念。来年こそ頑張れ!!



・オードリー

 単純に一番笑ったのは、一本目の彼等のネタ。面白かった
 です。

 しかし、2本目はなあ。。何故そのネタを選択した?
 いや、理由は何となく分る。彼等の様なネタは、一日に2本
 やってしまうと、また同じ事やってるだけやん。。。と捕らえ
 られがちなので、2本目はやや風変わりなネタを選択せざ
 るを得なかったんだろうなと(勝手に)思う。
 どうでもいいけど、ボケにばっかり目が行がちなオードリー
 ですが、かなりツッコミ上手くないですか?
 
   

f0180627_13554735.jpg

[PR]
by missiontomars | 2008-12-23 13:33 | お笑いの話題
M-1グランプリ2008の決勝進出コンビが決定しましたね。
同時に当日の、ネタ順も以下の通りに決定されました。

① ダイアン(吉本興業 2000年結成)

② 笑い飯 (吉本興業 2000年結成)

③ モンスターエンジン(吉本興業 2007年結成)

④ ナイツ (マセキ芸能者 2001年結成)

⑤ U字工事 (アミーパーク 2000年結成)

⑥ ザ・パンチ (吉本興業 1998年結成)

⑦ NON STYLE (吉本興業 2000年結成)

⑧ キングコング (吉本興業 1999年結成)

⑨ 敗者復活組

割と、(M-1グランプリとしては)新顔が多い印象でしょうか。
ある意味楽しみではありますね。時間が無いので、簡潔に
済ませてしまいますが、各コンビについて、独断と偏見で簡単に
コメントを。

① ダイアン(吉本興業 2000年結成)

去年に続いて、二度目の決勝進出。去年は彼等の味みたいな物は
出ていたとは思うけど、実力を出し切ったとまでは、言いがたく、二度
目である今年に期待が掛かりますね。一番手と言うのは一般的に
不利と言われますが、その辺もどうなります事やら。

② 笑い飯 (吉本興業 2000年結成)

常連中の常連、今年も見事に決勝進出です。しかし、新鮮味が
すっかり無くなってしまった事もありますし、正直、既に勝機を
逃してしまっている感は否めません。ここらでもう一度(あの歴史
資料館ネタの様な)爆発力のあるネタを見せ付けないと、優勝は
厳しいか?もちろん実力は申し分ないのですが。。

③ モンスターエンジン(吉本興業 2007年結成)

すいません、最近お笑い番組をきっちりとチェックする事が出来なく
なっている為、名前ぐらいしか知りませんでした。なんで、you tube
で彼等のネタを早速チェックしてみました。印象としては『漫才は上手
いな~、ネタ自体が良ければ、優勝も狙えるかもしれん。』と言う感じ
です。(えらそ~な言い方ですんまそん、あくまで個人的印象なので
悪しからず。)


④ ナイツ (マセキ芸能者 2001年結成)

去年は、敗者復活戦から勝ち上がってきたサンドウィッチマンが、
見事に優勝を果たした訳ですが、その敗者復活戦で、サンドウィッ
チマンといい勝負だったと言われるのが、このナイツ。その事が、
一部の話題となり、めちゃイケの『笑わず嫌い』に出場した事で
ブレークを果たしました。しかし、少々売れすぎたせいで今では、
「今更な事をヤホーで調べてきました。」ネタがすっかりおなじみに
なってしまった為、今更このこのネタで優勝はちと厳しそうな気が
します。もしかしたら『今回はM-1の事をゴーグルで調べてくる
のでは、・・・』と言う気もしますが(笑)



⑤ U字工事 (アミーパーク 2000年結成)

栃木弁漫才決勝進出ですね(笑)お笑い好きの間では名前は
ある程度知られていると言っても良い存在と思うのですが、
テレビへの露出度はまだまだ高いとは言えないでしょうね。
最終決戦進出、そして優勝にまで行くには、後もう一歩爆発力が
欲しい気もしますけど、これまでM-1となると普段以上の出来の
ネタを持ってくるコンビも多数いましたし(個人的印象ですが)頑張って
欲しいところです。



⑥ ザ・パンチ (吉本興業 1998年結成)

正直言って、あんまり詳しくは知らんのですが、去年のM-1で
「ザブングル」が決勝進出を果たした時の印象に近いでですかね。
世間的はキャラクター先行だとか、顔芸だとか思われがちのコンビ
が勝ち残って、『どんな漫才を見せてくれるのか楽しみ。』と言う感じが、
です。98年コンビ結成と言う事は、今年がラストチャンスな訳で。
最後にやっとつかんだこのチャンスを活かして欲しいものです。

⑦ NON STYLE (吉本興業 2000年結成)

井上の「いきり」をいじっていくのが、お約束のネタになっている
コンビ。毎回それを軸にネタを構成している為、『いつまでそのネタ
やってんだ?』と言う印象を持たれがちな部分もありますが、
軸をそれにしてるだけであって、しっかりとバリエーションのあるネタを
作っているんじゃないかなと個人的には思ってます。結構面白いと思うし、
上位に食い込む可能性もあるのではないかと。


⑧ キングコング (吉本興業 1999年結成)

去年、見事に最終決戦進出を果たし、一部で言われていた
人気先行と言う批判を見事に吹き飛ばしたと言ってもいいで
しょう。去年優勝のサンドウィッチマンは今年不参加、2位の
トータルテンボスについては結成11年目を向かえ出場不可
(M-1参加は結成10年以内が条件)である事を考えれば、
最有力優勝候補である事は間違いないかと。


⑨ 敗者復活組

毎年言ってますが、今年こそ磁石が勝ち上がってくる事に
期待します。と言うか何故、普通に決勝進出出来ないのか・・
面白いんだがなあ。。安定感もあるし、準決勝当日に失敗し
てるとも思えないんだが。。。まあ、敗者復活組みには、麒麟や
南海キャンディーズ初め、実力者がまだまだ沢山いるしまだまだ
どうなるか分りませんが。ちなみに誰が勝ちあがってくるにせよ、
今年も敗者復活組が、優勝とまで行かなくとも、最終決戦には
残ると思ってます。




優勝予想は個人的には、無難にキングコングだと思うのですが、
もしキングコングの優勝を阻むものがいるとすれば、上でも書いた
通り、敗者復活組の中にいるのではないか?と思っています。
f0180627_2110303.jpg

[PR]
by missiontomars | 2008-12-14 21:28 | お笑いの話題