超マイペース更新ブログです。気軽にコメントしてね。


by missiontomars

『猫ひろしのオリンピック出場権』の巻

 ここのところ、あまり書く事がないので、ちょっと猫ひろしのオリンピック出場を
巡る話題についてでも触れておきましょうか・・・。

 皆さんは、この件について、どうお考えでしょう?
僕は正直言って、どうにも違和感を拭えない訳ですが。。

記録で上回る、生まれも育ちも生粋のカンボジア人と、記録で下回る、ごく最近まで、
カンボジアとは何のゆかりもなかった、オリンピックに出る為だけに帰化した人物・・。

どちらが代表に相応しいかは、一目瞭然でしょう。

 まあ、猫ひろし本人は、疾しい気持ちがある訳ではなく、純粋にオリンピックに
出場したい一心で頑張っているのだと思います。

 しかし、彼を選ぼうとするカンボジア陸連の側には、疾しい動機があるとしか
思えない。でなければ説明がつかない・・。

 この件について、カンボジア国内では、どのように報道がなされ、一般の
カンボジア国民はどのように考えがえているのか、気になるところです。
 もし、逆の立場だったら、日本の世論は圧倒的に反対に回ると思いますが。

 そもそも、国籍って、そんなに軽いものなのか・・?

 仮に今回、猫ひろしがカンボジア代表として、オリンピックに出場したとして、
彼がその後、一生カンボジア人として過ごす覚悟があるのかと言うと、どうも
そうは思えません。
 オリンピックが終われば、普通に日本に「帰国」し、日本人に「帰化」するの
でしょう。
 そんな程度の覚悟で、国籍変更が認められていいのか・・だったら、国籍って、
一体何なのか?

 オリンピックに出たいと言う気持ちは、カンボジアのトップランナーであるヘム・
ブンティン氏も同じはず。

 猫ひろしに、スポーツマンとしての良心があるならば、出場を辞退すべきだし、
カンボジア陸連に、カンボジア国家の組織としての良識があるならば、
ブンティン氏を代表に選ぶべきだろうと、そう思う今日この頃でした。


 
[PR]
by missiontomars | 2012-04-16 18:34 | 社会の話題